[JP] How to collect and share Rancher logs with Support

Follow
Table of Contents

背景

ある問題のトラブルシューティングをRancherサポートに依頼する場合、調査を継続するために環境情報やログデータを取得することが必要になります。

データ収集方法の統一化と簡易化するために、情報を取得するスクリプトが以下のように存在しています。

情報収集が必要となる、各ノードからログが収集された後、Rancher Support の指示に従い、この出力ファイルをサポートチケット(上限20MB)にアップロードするか、サポートが提供するファイルアップロードリンクにアップロードすることができます。

ソリューション

Rancher v2.x

Rancher v2.x クラスタ内のノードからログを収集するには、Rancher v2.x log collector script を使用して、以下のように収集することができます:

wget -O- https://raw.githubusercontent.com/rancherlabs/support-tools/master/collection/rancher/v2.x/logs-collector/rancher2_logs_collector.sh | sudo bash -s

Rancher v1.6

Rancher v1.6 クラスタ内のノードからログを収集するには、Rancher v1.6 log collector scriptを使用して、以下のように収集することができます:

wget -O- https://raw.githubusercontent.com/rancherlabs/support-tools/master/collection/rancher/v1.6/logs-collector/rancher16_logs_collector.sh | sudo bash -s

RancherOS

RancherOS特有の問題を調査するために、RancherOS log collector scriptでデータを収集することができます:

sudo curl https://raw.githubusercontent.com/rancher/os/master/scripts/tools/collect_rancheros_info.sh | sh
Was this article helpful?
0 out of 0 found this helpful

Comments

0 comments

Please sign in to leave a comment.